安心して貸し出せる

男女

物件のオーナーであれば、入居者が入ってくればそれで安心と考えることは基本的にないでしょう。最も大切なことは、入居者が入ることではなく、入居者が家賃を払うことです。残念ながら、中には契約したものの途中から家賃を払うことが出来なくなってしまう人もいます。そうなると、物件のオーナーは大損してしまいます。特に物件の数が少ない場合は、一人支払いがなかっただけでも、結構な損失になります。そこで今では賃貸保証会社を利用することが一般的です。これはもしも万が一、入居者が家賃を滞納してしまった場合に、入居者に代わって家賃を負担してくれるサービスです。これを活用すれば、家賃の滞納に悩む心配が大幅に減りますので、安心して物件の貸し出しが出来ます。

資金力がある企業を探す

男女

賃貸保証会社は今では当たり前の様に利用されているため、多数の企業がこの業界に入ってきています。そこで選ぶ際の基準ですが、賃貸保証会社ですので、最も気になることの一つはどのぐらい家賃を保証してくれるかです。家賃保証に関してはどこまで保障してくれるかは会社によって異なり、上限が全くないところもあれば、24ヶ月といった形で、制限を設けているところもあります。また中には非常に高額な物件を扱っていると、賃料が高すぎて、遠慮してしまう会社もあります。高い賃料でも任せて貰えるような企業であれば安心できます。そこで、ある程度資本力があって、経営に余裕のある会社を探してみることをお勧めします。資本力がない会社だと大きな保証をするだけのリスクが取れないので、必然的に保証範囲が小さくなってしまうことがあります。長い実績と、十分な資金的余裕のある会社を選択したいです。

督促になった際のサービスを確認

案内する人

実際に家賃の滞納が起きてしまったとき、賃貸保証会社ごとに対応が違ってきます。もちろん払っていない家賃分を払ってもらうように滞納者に督促をかけるのですが、この対応方法は会社によって違ってきます。実際に現地まで行って、直接交渉するケースもありますし、電話や手紙で伝えて、相手が応じない場合は素早く法的措置に移行するケースもあります。そこで契約をする前に、どのような形で督促等を行うのか予め確認をしておきましょう。また、この時にかかる費用に関しても、裁判費用や残存分の処分代はどこまで面倒を見てくれるのかも会社によって変わります。実際に督促をするときに、思わぬ負担が発生しないように、事前にしっかりと賃貸保証会社と確認をしておくことは大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中